にいがたしょくりょうのうぎょうだいがく

新潟食料農業大学

平成30年4月開学
(私立大学/新潟)

資料請求

オープンキャンパス参加

メイン写真

「食」「農」「ビジネス」を一体的に学び食の未来を変える

新潟食料農業大学の3つの特長

3つの特長1

「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶ

3つの特長2

2年次からの3つのコース制

3つの特長3

地域・産業と連携し実践力を身につける

食料産業界の大手企業や研究機関、第一線で活躍する実務家の方々、そして食の生産や加工、流通、販売が盛んに行われている地域と連携した学外授業を多く取り入れたカリキュラムを展開します。実社会との結びつきの中で学ぶことにより、常に最新の技術・知識を修得し、実践力を養います。

新潟食料農業大学の 学科・コース

食料産業学部(4年)
食料産業学科[2年次よりコース選択]
  アグリコース
  フードコース
  ビジネスコース

上記は、2020年4月入学者対象のものです。

新潟食料農業大学の 学費のこと

■2020年初年度納入金
150万円(入学金25万円、施設設置費25万円、実習実験費10万円を含む)

新潟食料農業大学の 学ぶこと

■「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶ
“食料産業”とは、私たちの“食”に関わる、生産から加工、流通、販売までを含む幅広い産業です。本学では「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶことで、“食のつながり”フードチェーンを理解します。4年間を通して食料産業全体を理解する共通課程と、2年次から自分の将来像に合わせた3つのコース課程≪アグリコース≫≪フードコース≫≪ビジネスコース≫でさらに専門的な知識・技術を修得し、これからの食料産業をリードする人材を育成します。

新潟食料農業大学の 目指せる職業像

■一体的な学びによる幅広い活躍の場
本学では一つの専門性にとらわれず、4年間を通して「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶため、どのコースに進んでも生産・加工・流通・販売など食に関わるすべての分野で活躍を目指すことができます。また、4年間で2回実施するインターンシップやキャリア系科目を通じ、就職活動と次世代の食料産業を担い活躍していく意識を高めます。

(想定される活躍の場)
食品メーカーでの商品開発、研究機関での新加工技術の研究者、食品製造・加工現場での品質管理、学校や食品工場での衛生管理、食品メーカーでの品種改良研究、JA職員や公務員としての農業技術指導、植物工場など新技術開発、大規模農園の運営、食品メーカーでの企画・営業、地域活性をめざす事業プランナー、市場調査に基づいた新商品企画、海外への販路拡大など

新潟食料農業大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●胎内キャンパス

〒959-2702 新潟県胎内市平根台2416
ホームページ https://nafu.ac.jp
E-mail nyuusi@nafu.ac.jp
ページの先頭へ

新潟食料農業大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料。大学案内を随時発送します。

-

●入学案内
※資料・送料とも無料。大学案内を随時発送します。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで新潟食料農業大学の情報をチェック!