リハビリテーション科学部 作業療法学科

科学的視点と幅広い視野をもち、チーム医療を実践する作業療法士へ

  • ※2019年1月現在のものです。
作業療法学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
作業療法学科の特長
資格について

■作業療法士国家試験合格率92.3%!全国平均を上回る好成績(2018年3月卒業生実績)

2018年2月、第53回作業療法士国家試験が行われ、本学新卒合格率は全国平均を上回る92.3%(受験者39名、合格者36名)となりました。

教育理念

■保健・医療・福祉の連携と統合を意識し、地域社会ならびに人類の幸福に貢献する

本学の教育理念を基本として、最先端の科学的知識を有するリハビリテーション専門職の育成を図る教育を推進します。科学的専門知識の開発及び教授に留まらず、保健・医療・福祉の連携と統合を意識した、包括的な視点を有する専門職業人を育成することにより、国民の健康を守り、地域社会ならびに人類の幸福に貢献することがリハビリテーション科学部の教育理念です。

カリキュラム

■作業療法学科 5つの特色

【特色1:医学系科目はもちろん、医療系総合大学ならではの科目が充実】
保健・医療・福祉を幅広く学ぶ全学教育科目や、医療人に必要とされる態度やコミュニケーション能力を身につける独自の科目など、医療系総合大学ならではの科目が充実。医学系科目は各領域のスペシャリストが指導します。学部学科の枠を越えて高度な知識と技術を学び、これからの時代に必要とされる豊かな人間性と広い視野をもった作業療法士を養成します。

【特色2:入学後すぐに体験するチーム医療の現場】
医療機関や社会福祉施設などを訪れる「臨床見学」を実施。多職種が連携して地域社会をさせる現場に触れ、学ぶ意欲を高めます。また、OSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)を取り入れた演習で臨床能力の向上をはかります。

【特色3:発達支援など、多彩なアプローチを学ぶ】
「作業」とは、日常生活で行うすべての営み。発達障がいのある子どもの運動機能やバランス感覚を養うアプローチもそのひとつ。リハビリテーションの基本から実践までを体系的に学びます。

【特色4:ニーズの高まる在宅医療、現場での実践力を養成】
在宅医療の現場でも作業療法士のニーズは高まっています。地域の住民や障がいのある方に対して、どのようにアプローチしていくのか、作業療法士の視点から問題解決できる人材を育成します。

【特色5:聴く力、伝える力、発想力を育む多様な機会】
コミュニケーション能力向上のため、他学部生とディスカッションを行う「多職種連携論」や、地域住民の協力による医療面接演習などの実践の場を用意。プレゼンテーションの能力を高める研修セミナーも実施します。

卒業後の進路

■第2期生の約9割が、作業療法士として病院と介護老人保健施設へ

本学科の第2期生となる2018年3月卒業生は、88.9%が病院へ就職。また、介護老人保健施設や社会福祉施設、行政機関への就職を果たしました。今後も、社会の高い期待に応えることができる人材の育成をめざします。

 
インタビュー
奥谷 未宥さん

在学生 奥谷 未宥さん(リハビリテーション科学部作業療法学科2年)

先輩との交流、同級生との協力、そこから学ぶことは大きいです。

リハビリテーションを受ける祖父の前向きな姿を見て、私もそのような人の手助けができたらと考え、作業療法学科に入学しました。1年生と2年生がグループになって学習や作業体験に取り組む活動では、先輩との交流に刺激を受け、同級生と協力して勉強に励みました。4日間の臨床見学では、発達障がいの子どもたちへの遊びを応用した支援を経験。コミュケーションがとりづらく、最初はとまどいましたが、次第に打ち解けることができました。子どもたちが楽しそうに遊ぶ姿を見て、大きなやりがいを感じ、現在は学習への意欲がいっそう高まっています。

高橋 皐さん

在学生 高橋 皐さん(リハビリテーション科学部作業療法学科3年)

心身両面のリハビリテーションに臨む作業療法士に魅力を感じています。

身体機能だけではなく、精神面や日々の生活など、対象者のことを総合的に考えてリハビリテーションを行う幅の広さに魅力を感じ、作業療法士をめざしました。学年を越えて協力しあう機会が多く、チームワークの良さが作業療法学科の魅力の一つだと感じています。また、スペシャリストである先生方はいつも学生のことを気にかけ、学びやすい環境を用意してくれます。1年次の臨床見学などを通じて感じているのは、患者さんの状況や求めに応じて臨機応変に、能動的に動くことの大切さ。常に学ぶことを忘れず、上位資格の「認定作業療法士」になることが現在の目標です。

 
学べる学問
  • リハビリテーション学

 

目指せる職業
  • 作業療法士

資格
  • 作業療法士

北海道医療大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●当別キャンパス

〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757

TEL.0120-068-222  FAX.0133-22-1835 

ホームページ http://www.hoku-iryo-u.ac.jp
E-mail nyushi@hoku-iryo-u.ac.jp
ページの先頭へ

北海道医療大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで北海道医療大学の情報をチェック!