とうかいだいがく

東海大学

(私立大学/神奈川県・東京都・静岡県・熊本県・北海道)

資料請求

農学部
熊本キャンパス(農学部の教育・研究については「新キャンパス」「熊本キャンパス」及び「阿蘇実習フィールド」にて充実を図ります)

植物科学・動物科学・生命科学を応用し、真の豊かなヒトの暮らしを築く人材を育成。

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
農学部
この学部・学科の資料をもらう
 
農学部の学科・コース・専攻一覧
応用植物科学科
応用動物科学科
バイオサイエンス学科
 
農学部の特長
学部・学科・コースについて

■応用植物科学科
◎安全で安定した食料生産
農薬や化学肥料に過度に依存しない環境を重視した作物、果物、野菜、花などの栽培法や生理生態について学びます。また、天敵昆虫を用いて害虫の駆除を行う生物的防除技術について学びます。
◎最新の植物バイオテクノロジー
地球的規模での食料危機に対応するためバイオテクノロジー等の先端技術を用いた品種改良や全く利用されてこなかった未利用植物資源の探索、保存などの活用について学びます。
◎自然環境の保全
人間の生活環境の向上のため、森林や草原などの緑地の役割や植物の多様な価値を明らかにします。また、砂漠化をいかに防ぐか、人類や生物の生存に適した環境の保持について学びます。

■応用動物科学科
◎生命活動の理解とその利用方法
遺伝子、酵素、ホルモンなどの生命現象の基礎知識を身につけるために、動物の体内で起きている現象やメカニズムについて学び、生命現象の解明に役立てる方法を考えます。
◎人と動物と環境のより良い関係を考える
健全で豊かな自然・社会環境を維持しながら適切な動物飼育を行うため、飼育環境、動物の行動、動物の福祉、生態系との調和について学びます。
◎安全安心を考えた動物飼育技術の修得
動物の飼育方法や繁殖の仕組みなどを細胞・分子レベルから理解し、応用する技術や安全な食品を生産するため、畜産物の適正な生産技術を身につけます。

■バイオサイエンス学科
◎発酵食品やハーブがもつ有効物質を研究
ヨーグルトやチーズなどの発酵食品ならびにセラピー効果のあるハーブ類をはじめとする薬草、野菜及び果実に含まれる有用物質を科学的に明らかにし、健康食品や衣料品の製造、予防医学的な見地から健康医学分野についても学びます。
◎バイオテクノロジーを用いた機能性食品の開発
食品の発酵に用いられる微生物の有効利用に焦点を当て、発酵食品の生産と機能性成分分析やさらには作物栽培に関わる微生物の管理技術などの応用面についても学びます。
◎遺伝子やタンパク質の構造・機能を解析
遺伝子やタンパク質(酵素)の構造と機能及びそれらの相互作用について学び、生命現象を生化学的及び分子生物学的な視点から解明する技術を幅広く修得します。

資格について

■応用植物科学科
◎取得資格
【教職課程】高等学校教諭一種免許状(農業)
【指定科目の取得で卒業後に取得可能】食品衛生管理者任用資格、食品衛生監視員任用資格、飼料製造管理者任用資格
【指定科目の取得で卒業と同時に取得可能】フードサイエンティスト
◎取得受験資格
【指定科目の修得で取得可能】健康食品管理士認定試験の受験資格(在学中に受験可能)
【卒業後一定の経験年数を経て取得可能】普及指導員資格試験の受験資格

■応用動物科学科
◎取得資格
【教職課程】高等学校教諭一種免許状(農業)
【指定科目の取得で卒業後に取得可能】家畜人工授精師(牛)、食品衛生管理者任用資格、食品衛生監視員任用資格、飼料製造管理者任用資格
【指定科目の取得で卒業と同時に取得可能】フードサイエンティスト
◎取得受験資格
【指定科目の修得で取得可能】健康食品管理士認定試験の受験資格(在学中に受験可能)
【卒業後一定の経験年数を経て取得可能】普及指導員資格試験の受験資格

■バイオサイエンス学科
◎取得資格
【教職課程】中学校教諭一種免許状(理科)、高等学校教諭一種免許状(理科)
【指定科目の取得で卒業後に取得可能】食品衛生管理者任用資格、食品衛生監視員任用資格、飼料製造管理者任用資格
【指定科目の取得で卒業と同時に取得可能】フードサイエンティスト
【資格取得に有利】中級・上級バイオ技術者認定試験(在学中に受験可能)
◎取得受験資格
【指定科目の修得で取得可能】健康食品管理士認定試験の受験資格(在学中に受験可能)
【卒業後一定の経験年数を経て取得可能】普及指導員資格試験の受験資格

卒業後、就職について

■主な就職実績(2018年3月卒/農学部)
アドバンテック/化学及血清療法研究所/伊藤ハム/岩戸牧場/えがお/キーコーヒー/熊本製粉/熊本大同青果/熊本プリマ/古賀文敏ウィメンズクリニック/コメリ/セブンフーズ/ダイショー/チャンピオンズファーム/ツルタのタネ/日本食研/日比谷花壇/福岡動物医療センター/フジパン/フランソア/ホクト/明治屋産業/めいらくグループ/森永酪農販売/ヤマエ久野/ヤンマーアグリジャパン/日本食肉格付協会/家畜改良センター/全国酪農業協同組合/県庁職員(農業・畜産:埼玉、栃木、岡山、島根、鳥取、熊本、鹿児島)/JA各地/警視庁・大阪府警察本部/中学・高等学校教諭/大学院 ほか

学費について

■初年度納入金(2019年度)
1,493,200円

■2年目以降の学費
2年目以降在学中の学費については、人件費及び国庫補助金(私立大学経常費補助金)の増減、物価動向、本学の財務状況など、諸般の事情及び社会情勢を勘案し、改定することがあります。

その他の特色

詳細は農学部HPをご確認ください。
https://www.u-tokai.ac.jp/academics/undergraduate/agriculture/

 
インタビュー
田村 沙季さん

在学生 田村 沙季さん(応用植物科学科/4年次)

農業の知識や経験を強みに食を通して社会貢献したい

私は中学生の頃、東日本大震災の影響により塩害に見舞われた田畑を目の当たりにし、地元の農業を支えたいと思い、農学部で学ぶことを決めました。講義や実習を通して、農業の現状や奥深さを学び、さまざまな知識が身についていると実感しています。中でも印象に残っているのが、農場実習で作物を栽培したことです。決められた区画の畑を持ち、好きな野菜を栽培するのですが、鍬などを用いて土を耕すのも一苦労でした。苗を植えてからは雑草の処理や作物が思うように育たず、あまり収穫できないなど、農業の難しさを体験しました。一方で、大自然の中で農業をすることはとても楽しく、収穫祭は最高の思い出になりました。3年次からは研究室で品種改良の研究に取り組み、卒業までにはフードサイエンティストや日本農業技術検定といった農学部ならではの資格を取得することが目標です。将来は、農業の知識を強みにし、食品メーカーへの就職を希望しています。農業を基本に、食の面から社会に貢献していきたいと思っています。

木村 聡志さん

在学生 木村 聡志さん(応用動物科学科/4年次)

国内外の畜産現場で学び、畜産業のイメージを変えていきたい

高校生の頃にアルバイトをしていたスーパーで、国内産の精肉に比べて外国産の方が安価なことに疑問を持ち、日本の農業が安定した生産をすることができればより良い国になるのではないかと考えるようになりました。それをきっかけに、さらに食に興昧を持ち、生産から流通まで一連の流れを学びたいと農学部に進学しました。カリキュラムにはさまざまな実習がありますが、中でも印象的だったのが雄大な阿蘇での牧場実習です。草原が続く高地での実習はとても気持ちがよく、阿蘇は特別な地域だと感じました。また、他大学とともに実施された「畜産基地を基盤とした大学間連携による家畜生産に関する実践型統合教育プログラム」の実習にも参加でき、畜産を学ぶ楽しさを実感し、多くの知識が身につきました。本学は全国にキャンパスがあり、海外への留学プログラムも多彩に用意されています。西表島での総合農学実習やヨーロッパへの視察など、さまざまな畜産現場を自分の目で見て、日本の畜産業のイメージを変えていきたいと思っています。

古堅 あさひさん

在学生 古堅 あさひさん(バイオサイエンス学科/4年次)

専門的な講義は新しい発見の連続。視野を広げて未来につなげる

農学部の講義は1年次から専門的なことを学ぶことができ、子どもの頃から生物や環境に興味をもっていた私にとって毎日が新鮮です。本学料の講義や実習はどれも興昧深いものばかりですが、特に酒やみそ、醤油などの発酵食品について学ぶ発酵醸造学は、毎目新しい発見があり夢中になって受講しました。せっかく農業県の熊本にいるので、未来の農学に携わる一人として日本の農業の現状や問題点をしっかり学んでいきたいと思います。卒業までには、他学科の講義を受けたり、TOEICにチャレンジするなど、見聞を広めていきたいと考えています。また、沖蝿県出身の私にとって山に囲まれた阿蘇は魅力的で、入学してすぐに阿蘇が大好きになりました。思い入れのある南阿蘇村が一日も早く活気を取り戻せるように、「ユニークプロジェクト」(チャレンジセンタープロジェクト)の一つである「阿蘇復興への道」に参加し、お祭りを企画するなど仲間と一緒に地域を盛り上げています。村外の人達に向けては、防災の知識や意識を高めていただく活動を続けていきたいと思っています。

 
学べる学問
  • 生物学
  • 農学
  • 農芸化学
  • 環境学
  • 畜産学

 

目指せる職業
  • 中学校教諭(理科)
  • 高等学校教諭(理科・農業)

東海大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●熊本キャンパス[九州教学課(入試広報担当)]

〒862-8652 熊本県熊本市東区渡鹿9-1-1

TEL.096-386-2608  (直通)  *農学部の教育・研究については「新キャンパス」「熊本キャンパス」及び「阿蘇実習フィールド」にて充実を図ります。

ホームページ https://www.u-tokai.ac.jp/
ページの先頭へ

東海大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※入学案内は資料・送料ともに無料。インターネットガイドはホームページより入手いただけます。

-

●入学案内
※入学案内は資料・送料ともに無料。インターネットガイドはホームページより入手いただけます。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東海大学の情報をチェック!