とうかいだいがく

東海大学

(私立大学/神奈川県・東京都・静岡県・熊本県・北海道)

資料請求

情報理工学部
湘南キャンパス

ICT(情報通信技術)ツールを“作る”という立場から、情報と人間の間のインターフェースを構築していく人材を育成

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
情報理工学部
この学部・学科の資料をもらう
 
情報理工学部の学科・コース・専攻一覧
情報科学科
コンピュータ応用工学科
 
情報理工学部の特長
学部・学科・コースについて

■情報科学科
情報を科学と工学の観点から捉えて教育を行っています。「情報・ネットワーク」「人間・脳情報」「画像情報」の3分野にかかわる幅広い知識を修得し、技術革新への対応力を身につけることで、次世代情報技術の開発に貢献できる人材を育成します。また、実験や実習、演習などを通して豊かな発想力を養い、社会へ出てからも即戦力として活躍できる人材を育成します。さまざまな角度から情報を捉え、明日のICT分野を切り開きましょう。

■コンピュータ応用工学科
現代社会に貢献する「コンピュータ」を21世紀で最も重要なツールとして捉え、その高度な応用技術や効果的な運用技術を学びます。「情報工学」「コンピュータシステム」「知能ロボット工学」の3つの分野を横断的に研究し、ハードウェアとソフトウェアの技術をバランス良く学ぶことで、多角的なアプローチが行える人材を育成します。実習や少人数ゼミを積極的に採用しているので、基礎からじっくり学ぶことができます。

独自の学習システム

■豊かな人間性と幅広い視野を持つICTエンジニアを育成する
情報理工学部では「人間」をキーワードに、理学と工学のふたつの側面から情報技術の開発に取り組んでいます。時代のニーズに合わせて、ICTの高度な知識や技術だけでなく、豊かな人間性と幅広い視野を併せ持ったICTエンジニアを育成します。

■実社会で役立つ応用力を身につけるため、実験、実習を充実
コンピュータリテラシー基礎教育の充実と同時に、豊富な実験、実習で、実践的なスキルを身につけます。初年次における少人数のゼミナールや卒業研究などの教育をとおして、新しい情報技術を創成する能力やリーダーシップを養成するほか、ICTとグローバル社会に貢献できる人材を育成します。

卒業後、就職について

■主な就職実績(2018年3月卒/情報理工学部)
富士通、日立ビルシステム、日本ソフトウエア、エヌ・ティ・ティ・システム開発、KSK、日立ハイシステム21、日野自動車、神奈川県警察本部、警視庁、NECプラットフォームズ、明治安田システム・テクノロジー、ヤンマー ほか

■就職支援のシステム
◎情報発信・バックアップの拠点「キャリア就職センター」
東海大学では「就職指導も教育の一環」という理念に基づき、4年間を通じ独自のカリキュラムで学生一人ひとりを支援しています。就職活動の最も頼りになる味方、それが本学のキャリア就職センターです。希望する業種や職種、企業に就職できる道筋をつくるため、豊富な知識と経験を持つ職員がマンツーマンの面談で全面的にサポートします。
学生自身の人間性を確かに伝えられるプレゼンテーション能力の育成、履歴書やエントリーシートの添削、就職活動に必要な書類作成の指導など、実践的な指導に力を入れています。最新の求人情報や企業研究のための図書や雑誌を豊富に取りそろえ、資格取得講座や各種説明会なども数多く用意しています。就職した卒業生の採用試験や面接の内容など、ここでしか得られない情報も自由に閲覧できます。全キャンパスの求人情報にもオンラインでアクセスでき、全国区での就職活動をバックアップします。

◎大規模なネットワーク
全国にひろがるキャンパスをもつ本学では、全キャンパスから集約される求人票は学部・学科を問わないもので約7,000件(2018年度)。それらの情報は、各キャンパスに設置されたキャリア就職担当部署からネットワークを介して利用することができるので、地元への就職(Uターン)、地方への就職(Iターン)など全国区での就職活動も可能になります。また本学の学生であればどのキャンパスにいても全国にまたがる多くの企業情報を得ることができます。
3年次から4年次にかけて開催される学内合同採用説明会の規模も大きく、その数は年間のべ約1,500社。日本を代表する有名企業、独自のサービスや技術で世界的評価を得ている中堅企業、地域に密着した中小企業など、多種多様な会社が参加します。本学出身のリクルーターも多数参加しますので、OB・OG訪問を兼ねることもできます。
12月から2月にかけては優良企業による「業界研究会」を学内で開催。企業の採用担当者やOB・OGから、時間をかけて具体的に業界の内容や仕事のし方など気になることを確認することができ、実情をしっかり把握できます。

◎キャリアデザイン
低学年次からのキャリア教育の重要性を考え、就職活動を視野に入れた単位修得ができる独自のカリキュラムを展開しています。グループワーク中心の授業を通して、学生自身が主体的な就職活動に取り組めるように、キャリアコンサルタントなどの有資格者が学生の指導にあたります。1・2年次の「キャリア設計1・2」では、キャリアコンサルタントの指導で、グループワークを行いながら、自分自身を客観的に見つめる作業を通じて、大学で学ぶ目的や将来の方向性、人とのかかわり方の基本を学びます。3年次の「キャリア形成1・2」では、「働くこと」や職業選択の多様性について理解し、労働市場や雇用環境についての知識を身に付けていきます。具体的には社会人訪問を行い組織と個人の成長を学びます。
さらに就職時のミスマッチをなくすために、早期に自分が志望する分野について体験し理解することが必要と考え、実際の企業で就業体験を行うインターンシップを2年次の春休みに実施します。2年次に体験することで不足する知識や資格を早くに理解し、3年次春学期からの授業や実学講座でそれらを修得し補うことが可能になります。受け入れ先企業は約100社。職種は多種多様です。
学生が志望する分野への就職を達成できるよう、万全の体制でバックアップしています。

◎試験対策・スキルアップ
職種・業界ごとの傾向と対策、面接指導までを実践的に学ぶ、就職試験対策講座も多数開講しています。
【主な開講講座(抜粋)】
・公務員講座
・マスコミ講座
・航空業界対策講座
・教員採用試験対策講座
・金融セミナー
・警察官・消防官講座 他多数

独自の教育体制

■地球規模の研究にも取り組んでいます
情報科学科では、人工衛星の観測によって得られた画像データを分析し、海洋、陸、雪氷など地球環境の変動を検出する技術を開発しています。

■眼の動きによって動かす視線駆動型電動車いすを開発中です
超高齢社会の到来で、電動車いすの需要はこれからますます高くなることが予想されます。コンピュータ応用工学科では、手の不自由な人でも眼の動きによって動かす視線駆動型電動車いすを開発中です。現在は車の自動走行にも使用されるLIDAR(レーザーを用いた距離センサー)を利用し障害物回避や位置推定などを実現し、電動車いすが安全・安心な乗り物となるよう研究を行っています。

学費について

■初年度納入金(2019年度)
1,663,200円

■2年目以降の学費
2年目以降在学中の学費については、人件費及び国庫補助金(私立大学経常費補助金)の増減、物価動向、本学の財務状況など、諸般の事情及び社会情勢を勘案し、改定することがあります。

その他の特色

詳細は情報理工学部HPをご確認ください。
https://www.u-tokai.ac.jp/academics/undergraduate/information_science_and_t/

 
学べる学問
  • 情報工学
  • 通信工学
  • 画像・音響工学
  • 医用工学

 

資格

    ・高等学校教諭(情報)・(工業)   ・司書   ・応用情報技術者試験   ・基本情報技術者試験   ・エンベデッドシステムスペシャリスト試験   
    ・ITストラテジスト試験   ・データベーススペシャリスト試験   ・ネットワークスペシャリスト試験   ・システムアーキテクト試験

東海大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●湘南キャンパス[入試広報課]

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1

TEL.0463-58-6422  (直通)  FAX.0463-50-2186 

ホームページ https://www.u-tokai.ac.jp/
ページの先頭へ

東海大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※入学案内は資料・送料ともに無料。インターネットガイドはホームページより入手いただけます。

-

●入学案内
※入学案内は資料・送料ともに無料。インターネットガイドはホームページより入手いただけます。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東海大学の情報をチェック!