エリア

テーマ

  • 学びの場と医療の現場が直結それが一番の魅力です

    本学の母体は、総合病院や介護老人福祉施設、保育園などを包括する総合福祉センター「新田塚医療福祉センター」です。この利点を生かして、1年次から臨床現場に直接触れながら、実習することができる恵まれた環境です。もちろん、学内にも医療現場で使われているものと同様の設備がそろっており、専門書をそろえた図書室や各種実習室も充実しています。

  • 地下1階・地上4階の新校舎。完成が待ち遠しいです!

    完成予定は2020年。地下1階・地上4階の新校舎の建設が始まりました。新校舎には、大規模な学生食堂「森のダイニング」やラウンジが設置され、コミュニケーションスペースがかなり充実すると聞いているので期待しています。淑徳大学人文学部の学生と一緒に学ぶキャンパス!! これから入学する皆さんは楽しみにしてください!

  • 教育・医療・福祉が一体の現場に隣接した学びの環境

    真栄キャンパスの所在地であるアンデルセン福祉村では、6つの福祉施設が大学に隣接しています。高齢者施設に居住・通所する高齢者や、障がいのある方たちと普段から交流する機会が多くあり、そこから学べることは深くて大きいと感じています。実習にも最適な環境が整っており、現場で求められるチーム医療をしっかり学ぶことができます。

  • 明るく清潔感のある新キャンパス

    本城新キャンパスには、看護学部の講義室、学内実習室や、公開講座の開催などに利用できるホールを備えています。他にも、コンビニエンスストアや「和」cafe織姫、フィットネスルームも完備。全体的に明るく清潔感のある雰囲気で、学内実習室は、看護現場を再現した施設で、実践に沿った看護業務の実習ができます。

  • 校舎がキレイ!緑豊かなキャンパスで過ごしやすい環境

    空き時間はラーニングコモンズで友人と一緒に課題に取り組んだり、テラスでおしゃべりをしたりして過ごしました。自由に使えるパソコン自習室、パウダーサロンなど、どこもきれいで冷暖房などの設備も整っています。ドラマ「コード・ブルー」の撮影などにも使用されている自慢の校舎です。(Nさん/ビジネスライフ学科2018年卒業)

  • 2018年4月開学の新校舎!ネット環境も整った最新設備

    仙台赤門短大は、最新の校舎が魅力です。緑に囲まれた5階建ての校舎には看護の現場で使用される最新器具が揃っているのはもちろん、Wi-fiも完備されています。オシャレなカフェ風ラウンジやシックでモダンな図書室など、学校が楽しくなるような空間もたくさんあり、各階違うコンセプトで作られたパウダールームは、見るだけでも楽しいです。