エリア

テーマ

  • 素敵な仲間との出会いで毎日充実しています。

    同志社大学には日本各地から学生が集まってきます。私も一人暮らしをしているのですが、一人暮らしの友達と一緒に料理を作ったり、勉強する、という生活がとても楽しいです。また、私は国際交流イベントの企画運営をする団体に所属しているのですが、企画書づくりから当日の進行まで、自分たちで運営することがとても楽しく、毎日が充実しています。

  • 地域で活躍できる理学療法士に。少人数制で先生との距離が近いです

    少人数のため先生と学生の距離が近く、いつでも質問や相談ができる環境。学生同士も仲が良く専攻や学年に関係なく交流があります。友達同士で空き時間を活用して実技の勉強をする等、切磋琢磨しながら学習しています。学生同士で意見交換しながら学ぶことで知識の定着を図れ、同時に臨床へのトレーニングにもなります。(理学療法学専攻3年/山添さん)

  • 作品づくりに思う存分向き合えるとてもワクワクする毎日です

    ムサビの先生は第一線で活躍している方ばかりで、「一人のクリエイターの作品」としてアドバイスをくれるため、デザイン会社で働いているような気持ちになります。学生も真剣に制作に打ち込む人が多く、私も頑張らないと、と自然に思える環境です。デザインや美術を思う存分学べ、作品づくりに向き合える毎日は、とてもワクワクします。(水野ひまわりさん)

  • 1学年90人の少人数教育        先生方との距離も近いです

    少人数ということもあり、先生方との距離が近く、相談などもしやすいなと感じています。サークル活動では先輩や後輩、コースの違う同級生と交流を深めて楽しく過ごしています。本学ではディスカッションの授業が多く取り入れられており、心理や福祉、キリスト教など自分の学びたいことを選んで学ぶことができます。(Yさん/福祉相談援助コース4年)

  • ここなら素敵な友だちと保育者の夢を叶えられます

    『きりたん』では同じ夢を持つ友だちと2年間学びます。休み時間に仲が良いのはもちろんのこと、行事や実習・課題などが大変なときでもお互いに励まし合いながら一緒に乗り越えるたび、友だちとの絆がさらに深まります。授業では、苦手な発表があるときはみんなで楽しい雰囲気を作って応援してくれます。

  • 研究室へ気軽に質問に行ける環境。勉強以外の相談も!?

    大阪樟蔭は先生と学生の距離が近く、研究室に質問に行きやすい環境が整っています。また、気兼ねなくのびのび過ごせる女子大ならではの雰囲気も魅力ですし、学生への支援が充実していて、保護者にも情報発信してくださるなど信頼できるところも魅力です。
    ※寺田 史佳さん(健康栄養学部 3年生)