エリア

テーマ

  • 警察官を目指して!就職サポートをフル活用!

    私は警察官を目指しています。キャリアセンター主催の就職支援プログラムで、1年次から警察のインターンシップに多く参加し、滅多に経験できないような体験や様々な知識を得られました。2年次から地域の消防団や防犯リーダーの活動にも参加し、集団行動などを学んだり、実際に警察官の方と街頭補助などの活動もしています。(法学部・2年/石川栄里さん)

  • ケイタンのフルサポートで京セラ株式会社*に内定☆

    1回生からスタートする週1回あるガイダンスや、就職課の方々の丁寧な個別サポートのおかげで、第一志望の『京セラ株式会社*』から内定をいただくことができました。苦労した就職活動も、みんなの仲が良いアットホームなケイタンだから、頑張って乗り越えることができました。ケイタンのみんな、ありがとう☆(*2019年3月卒業生実績)

  • 進路に迷った時や不安がある時、就職担当室が支えになりました。

    就職活動の中で、自分が一番やりたいことを見つけることができました。進路に迷った時や不安がある時、就職担当室に親身になってサポートいただきました。「集団面接・グループディスカッション実践講座」は本番同様の雰囲気の中で受けることができ、余裕をもって選考本番に臨めました。受講して本当によかったです。 (橋爪かんなさん/教育学科卒)

  • 就活を通じて自分の言葉で伝える大切さを学んだ

    キャリア情報センターで印象に残っているのは面接指導。企業人事部で採用業務経験のある方から「用意した回答を出すのではなく自分の考えを自分の言葉で伝えるべき」とアドバイスをいただきました。それからは自分の考えを正直に伝えることを心がけ、おかげで志望の企業から内定をいただけました。
    (スポーツ健康政策学部4年 山下輝さん※取材当時)

  • インターンシップや特色ある制度が就職につながりました。

    インターンシップが充実しており、就職先であるNPO法人大垣市レクリエーション協会で職場体験できたことは就職の大きな決め手となりました。大学では経験値を高めるサポートが多く、在学中に取得したレクリエーション・インストラクター資格や体育授業サポーター制度による教育現場での経験は今の仕事に役立っています。(岩本舜汰/2015年3月卒)

  • いつも親身なキャリア支援センターは、金城の誇り

    就職活動では、業界研究セミナーや合同説明会に積極的に参加し、数多くの企業を自分の目で確かめることに重点を置いていました。お世話になったキャリア支援センターは、やる気を引き出してくれる存在。手厚いサポートのおかげで、大手企業へ挑戦する勇気を持つことができ、内定を頂く事ができました。(松野祐梨奈さん/英語英米文化学科4年)