エリア

テーマ

  • 生活習慣を汲み取ったケアを提案できる視野の広い歯科衛生士を目指します!

    1年次は座学を中心に基礎知識を修得し、2年次はマネキンを使ったブラッシングや歯石除去を練習します。実践的に学べるおかげで、高齢者施設や幼稚園を訪問して行うブラッシング指導でも力を発揮できました。関女は、学内に最新設備が整っていて、現場に近い環境で学べることが魅力です。

  • 答えのない問題に向き合い解決に取り組む力が身につく

    現在、私はプロダクションマネージャーとしてTVCMの制作進行を担当しています。この仕事に求められるものは、「今、何が必要か」を考える力です。在学時の学びで身につけた「答えのない課題に取り組む行動力」や「現状を正しく把握する思考力」は経験として活かされています。
    (社会学科 2015年卒業 高橋 亮さん)

  • 将来の就職も考え学部を選びました

    【サービス創造学部】
    学生のうちから企業の方へプレゼンテーションをする機会があったり、プロジェクト活動ができるので、将来の就職を考えサービス創造学部を選択。座学の授業も、日常に隠れたたくさんの広告について知ることができる「広告論」などおすすめです。授業の空き時間はおしゃれな学食The University DININGで過ごします。(2年 竹元百佳さん)

  • 実践的なゼミで、プロの漫画家への道を目指しています!

    文星芸術大学のマンガ専攻は学年ごとにあわせたカリキュラムが組まれていて基礎から学ぶことができます。マンガを描きたい同年代の自分とは違うジャンルや作風の人と毎日意見交換をしたり、切磋琢磨できる環境です。さらに投稿や持ち込みなど多岐にわたり親身になって相談できる専攻の先生方のサポートも手厚く充実した毎日が送れます。(3年佐々木楓)

  • 「プロの現場」で学べる!演習・実習が充実しています。

    スポーツ雑誌の制作に参加し、取材や記事の執筆を担当しています。教室での講義だけでなく、学んだ知識を実践する機会が豊富に用意されているところが、江戸川大学の魅力。取材を何度も繰り返す中で自分自身の成長を実感しています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの取材に携わることが目標です。(マス・コミュニケーション学科3年入井さん)

  • 自分の好きな服で人を笑顔にできるスタイリストをめざします

    ミュージカルの衣装を考えるスタイリストをめざし、BUNKAで縫製技術を中心に学んでいます。「卒業生講話」で聴いた、働く現場の声や就職活動のポイントが大変役立ち、希望していた企業に内定を頂くことができました。今後は人との繋がりを大切にしながら、自分の好きな服で人を笑顔にできるスタイリストになりたいです。(ファッション学科2年)