エリア

テーマ

AIを学べる大学

  • 「知能メディア工学科」で斬新な発想による技術開発を学ぶ

    千葉工業大学でAIを学べる「知能メディア工学科」では、最先端のメディア工学・知識工学・情報デザインを駆使して斬新な発想による技術開発を学びます。現在の水準を超えるVRを実現したり、製品やシステムを楽しく使いやすいものにしたりと、今までにないものを作るワクワクを味わいながら新時代のコミュニケーションを創出できる人材を育成します。

  • AIやビッグデータで複雑な自然現象や社会現象を読み解く

    脳の高度な機能(知能)は、神経細胞の相互作用で生み出されます。佐藤進也教授の複雑系工学研究室では、この相互作用の重要性に着目し、ウェブやモバイル端末から生み出される多様かつ大量のデータに潜む相互関係を解析します。また相互作用のあり様を突き詰めて、複雑な自然現象や社会現象を読み解く手段を開発していきます。

  • 最先端の研究さまざまな分野でのAI研究

    近年の高度情報化に伴い、人工知能や大規模データ解析など、コンピュータを用いた高度な情報処理技術が注目されています。本学では、学習アルゴリズム、ゲーム、ヒューマンインターフェース、画像認識などさまざまな研究分野で、人工知能技術を用いた手法の開発・活用を行っており、新たな人工知能技術の構築、提案を目指しています。

  • 人工知能(AI)を用いて、未来社会に役立つシステムを創る。


    知能情報システム研究室では、まずはAIの基礎を学び、深層学習や自動運転技術、知的な質問応答・意思決定支援システム、人間対AIの将棋や囲碁対局、シリアスゲームなど最新の動向を理解します。さらには、発展し続けるAI技術でどのような問題を解決できるのか、実社会にどう役立てるのかを追究し、AI技術を応用して人にやさしい社会の実現をめざします。

  • 『最先端技術×デザイン』クロステックデザインコース

    本コースでは様々な分野・領域に広がるテクノロジーにデザイン的価値を組み合わせ、日常生活やビジネスの場に新たな価値を創出する人材を育てます。高校で美術・デザインを学んだ人だけでなく工業系や普通科出身などの幅広い学生が、ビジネスの基本から素材・技術の専門知識を総合的に身に付け、在学中から製品・サービスの実用化を目指します。

  • 人工知能(AI)研究会がスタート

    「人工知能(AI)研究会」を設置し、全学的にAIに関する研究を行う体制を組織しました。学部横断の分科会において、様々な分野でAIを追究しています。当研究会で得られた多彩な成果は、その後のさらなる研究や教育に還元します。2019年4月にはコンピュータサイエンス学部にAIコースも誕生します。