エリア

テーマ

「多面的・総合的評価」の導入

  • 講義を受講し受験に活かす高大接続入試【単位認定型】

    中京大学経済学部では、高大接続入試【単位認定型】を実施。夏休み中に名古屋キャンパスで開講する単位認定型講義を経済学部の学生と一緒に受講し、講義での成績と面接で総合的に評価します。修得した単位は中京大学入学後に卒業所要単位として認定されます。
    詳細はHPでご確認ください。

  • 本学独自の「育成型入試」を好評実施中!

    本学の教職員が受験生の自己分析(自分の強みはどこにあるのか)、将来設計(大学に入学後はどのように学び、将来につなげるのか)を手伝い、面接練習までサポートする「育成型入試」を実施中。調査書、自己推薦書、将来計画書、面接で合否を判定します。教職員と一対一で面談するため、進路や学科が決まっていない方でも安心して相談できます。

  • すべての受験者の「意欲、情熱と熱意」、これまでの学習や活動を多面的に評価。

    本学では文部科学省の大学入試改革の趣旨に賛同し、高校での授業やこれまでの活動を通じて身につけたことを評価し、適性を見極める独自の評価制度を入試に取り入れています。受験者の個性や能力、将来の目標などから「意欲、情熱と熱意」を見出し、さまざまな角度から適性を見極め、国際的視野で新たなファッションの価値を創造できる人材を育成します。

  • AO入学審査[外国語学部]

    この試験は、外国語学習に対する適性を有し、異文化に対する強い関心を抱いた学生を受け入れるための、外国語学部特有の試験です。外国語の外部試験で一定レベルの成績を有している受験生に対して、書類審査、小論文、面接の審査を通じて、総合的に判断して評価します。(2019年度)

  • 2020年度より、多彩な入試選抜方式を導入

    総合型選抜ではさらに優秀なアスリートを選抜できるように、「DASHアスリート特別総合型選抜」やスポーツ科学の研究者をめざす「総合型選抜(スポーツ科学研究型)」を新設します。一般選抜では3教科の合計点で判定する「3教科型」や、「体力評価+高得点2教科型」などの入試制度を設け、最大24併願が可能となります。

  • スポーツ科学部の学びを体験。高大接続入試【事前体験型】

    中京大学スポーツ科学部では高大接続入試【事前体験型】を実施。夏休み中に豊田キャンパスで講義を受講し、スポーツ科学とは何を学ぶのかを体験。受講した講義をふまえ、入学後の学修計画書を提出し、何をどのように学びたいのか「思考力」「意欲」などを確認のうえ、出願書類、小論文、面接で総合的に評価します。詳細はHPでご確認ください。